メニューを開く
メニューを閉じる

大会規約

1.はじめに

「Takaoka Esports Cup 2020 Preseason」における予選大会、プレイオフトーナメントは、株式会社ZORGE(以下、「運営」といいます)が運営および管理を行い、以下のとおり本大会のルールを定めています(以下、関連する注意事項等も含めて「本規約」といいます)。運営チームは本規約に従って、本大会を進行するほか、本規約に定められていない内容が発生した場合や本規約を適用することが著しく公平性を欠く結果となる場合の裁定権を有します。

2.参加資格

本大会はesports大会として継続的に開催するため、以下の参加資格が必要となります。

  1. (1) 本規約に同意いただけること。
  2. (2) オンラインでの予選大会実施時にゲーム大会管理サイト「Battlefy」または運営が定める参加方法から参加申し込みを行い、参加資格を得ていること。
  3. (3) 出場するゲームタイトルをプレイするのに十分な機材を用意できること。
  4. (4) 本大会における全日程において、貴重品の管理は参加選手(以下、「選手」といいます)本人が行い、運営チームは一切の責任は負わないこと。
  5. (5) 日本国内に居住していること。
  6. (6) 日本語で大会運営スタッフや他の選手と円滑にコミュニケーションが取れること。
  7. (7) 本規約と別途指定する大会進行手順を理解し遵守すること。
  8. (8) 運営チームに所属していないこと。
  9. (9) 選手とその親族を含め、反社会的勢力(暴力団、暴力団構成員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動標ぼうゴロ、政治運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等またはこれらに準ずるものをいう)または、反社会的勢力と関係を有する者ではないこと。

3.予選大会形式

本大会は1Season 4回の「予選大会」+「プレイオフトーナメント」で構成されています。
予選大会では、随時新型コロナウィルスの感染状況を考慮してオンラインでの予選大会の実施と富山県高岡市御旅屋町にある「Takaoka ePark」を利用したオフラインでの実施を使い分けて進行する。

本大会の予選はポイント制であり各予選の優勝者4名+4回の予選終了時の合計ポイントの高いプレイヤー4名の各8名がプレイオフトーナメント進出となる。以下に予選大会のポイント配分を記す。

また、「プレイオフトーナメント」の辞退者が出た場合は合計ポイントの高い選手から順に「プレイオフトーナメント」の参加権を得る。

「プレイオフトーナメント」の出場者で富山県外在住の選手には、住民票の写しを提出して富山県外在住を証明することで運営チームが交通費を負担いたします。

3-1.大会エントリー

  1. (1)「Battlefy」(https://battlefy.com)及びGoogleフォームにて行います。
  2. (2)エントリーの際は「2.参加資格」を満たして以下ご確認ください。
  3. (3)エントリー時には以下の項目について登録が必要です
    1. ①氏名 / ゲーム内の名前 / ゲーム内の名前のフリガナ / ユーザーID / メールアドレス
    2. ②Shadowverseエントリー時には、別途運営チームが指定した方法で大会で使用するデッキを事前登録していただきます。
    3. ※デッキ登録が正しく行われていなかった場合は、大会に参加することはできません。

3-2.Shadowverse大会フォーマット

3-3.GRANBLUE FANTASY Versus 大会フォーマット

3-3-1.GRANBLUE FANTASY Versus オンライン対戦環境

4.プレイオフトーナメント大会形式

各予選大会の優勝者4名+ポイントの上位4名の合計8名によるトーナメントを行い、Takaoka Esports Cup優勝者を決める。

実施場所は原則「Takaoka ePark」で行う。(新型コロナウィルスの感染状況により、オンラインでの実施になる可能性あり)

4-1.Shadowverseフォーマット

4-2.グランブルーファンタジーヴァーサス フォーマット

5.進行

本大会の進行について
主にオンラインでの大会実施時の進行について記します

5-1.進行方法

  1. (1)大会進行は「Battlefy」(https://battlefy.com)で行います
  2. (2)指定する時間までに大会チェックインしなかった場合、大会への参加はできません。
  3. (3)大会運営上の理由からやむを得ない場合、運営チームの判断で大会日程及びタイムスケジュールを変更する場合がございます。
  4. (4)「Battlefy」での表示名をゲーム内の名前と同じにしてください。
  5. (5)トーナメント表の上(左)側の選手が対戦するルームの作成を行ってください。
  6. (6) 試合開始時、対戦相手が試合にチェックインをしてから一定時間が経過してもチェックインしなかった場合は不戦敗となります。

5-2.試合中のトラブル

  1. (1)試合中に通信の切断や端末の動作不良などにより、バトルの続行が不可能になった場合、各参加者は直ちにトラブル発生時の画面のスクリーンショットを撮影した上で、運営にその旨を申告してください。
  2. (2)トラブルがあったときに運営にその旨を報告しなかった場合、ペナルティの対象となる可能性があります。
  3. (3)運営は、試合の続行が不可能になった旨の報告を受けた場合、参加者に対する聞き取り、スクリーンショットの確認などを行い、再試合またはバトルの敗北の裁定を下す場合があります。
  4. (4)参加者は、試合を行う上において使用する機材・通信環境について全ての責任を持つものとします。
  5. (5)運営チームへの申告をせずに試合を再開やルームの解散をした場合、ペナルティが与えられる場合があります。

6.配信

  1. (1)本大会では予選大会の一部とプレイオフトーナメントの一部が、運営によってストリーミング放送される可能性があります。
  2. (2)全ての参加者は、大会で行われるバトルがストリーミング放送されることに同意したものとします。

7.禁止事項

選手は以下の行為を行ってはなりません。

  1. (1)本規約に反すること。
  2. (2)大会受付時間に遅れる、または大会受付をしないこと。
  3. (3)入賞賞品の副賞が授与される場合は、授与された副賞を転売サイト等で転売を行うこと。また、副賞を受け取る権利を譲渡すること。
  4. (4)参加時の申告内容に虚偽のものを記載して参加すること。
  5. (5)同一の人物が複数回、大会への応募を行うこと。
  6. (6)大会への参加権を他者に譲渡すること。
  7. (7)大会への参加権を他者に譲渡すること。
  8. (8)定められた時間に定められた場所に集合しないこと。
  9. (9)大会開始後に運営チームに無断で大会を棄権し、離脱すること。
  10. (10)大会運営スタッフの大会進行上必要な指示、要請に従わないこと。また、大会進行、運営を意図的に妨害すること。
  11. (11)大会運営スタッフの大会進行上必要な質問に適切に回答しないこと。また、大会運営スタッフに虚偽の申告をすること。
  12. (12)ネットワークの切断やクライアントの強制終了など、故意にバトルを続行不可能にすること。
  13. (13)試合相手や他の選手へ賞金を分配する、もしくはその約束を打診すること。
  14. (14)本大会に関して賭博を行うこと。
  15. (15)反社会的勢力と関係すること。

8.免責事項

  1. (1)ゲームサーバーのトラブルや天災など病む負えない事情が発生した場合、本大会を延期、中断する場合があります。
  2. (2)参加者同士のトラブルや、参加者が本規約に違反したことにより生じた損害や不利益について、運営は運営の指示や対応に重大な責任がある場合を除き、一切の責任を負いません。

9 個人情報の取り扱いについて

  1. (1)エントリーに際して、提供された参加者の個人情報は、本大会の運営や本大会に関する広報などの範囲で利用します。
  2. (2)参加者は、参加中の肖像、ゲーム内の名前・年齢および自己紹介などの情報が運営が作成するウェブサイト、報道ならびに情報メディアにおいて使用されることを了解し、大会関係者が作成する印刷物や情報メディアなどによる商業目的利用を承諾するものとする。

10 規約の変更

運営チームは、予告なく本規約を変更する権利を有します。